コスタリカにてサーフィン、エクスプロール!!

2016年10月13日木曜日

コスタリカにてサーフィン、エクスプロール!!


【9/24 SAT】


前夜を空港で過ごしたせいでほぼ眠れなかったため

昨夜はホテルで夕飯も食べずうっかり寝落ち


不意に目覚め、コスタリカのパーティーを覗けなかったことを悔やみつつ朝から散歩

朝陽を受けた自然はとても綺麗だ








そして朝食

コスタリカフードは穀物中心




なかなか美味しかった



その後サーフィンへ

朝は潮が多くて加減もよく、昨日ダンパーで苦しんだよりも波が切れている

コスタリカの波を堪能できた






そろそろ上がろうかと思いながら遊んでいた頃

チューブに巻かれた拍子に足の指の間にフィンが当たる


最初はなんとも思わなかったが、沖に出た時に違和感を感じる

なんか痛い

親指の間を恐る恐る見てみると、パックり切れていた

困ったなーと思いながらシブシブ上がり、よくよく見てみると


ふやけた足はダメージにモロく、かなり深くまでエグれていた

皮膚と肉は裂かれ、筋が露出し底が見えない


それを見た本人↓




傷を見たら痛くなってきた

おとなしく帰り、傷を洗い、消毒して傷口を固定

今後の旅程が不安になる


とはいえ、そのまま安静にできるわけもなく

サンダルの鼻緒を、傷ついた親指の間から外し、人差し指に変えて歩き出す

さらにスケートに乗り

自転車をオーナーに借りて出かける








この後ろ姿を見ながら嫁は旅を通じてたくましくなったなと実感





中米まで来て自転車に乗っても、スイスイこなすのだ

心強いではないか


移動している間に動物に会う








コスタリカ、いい国だ



夜のバスで首都サンホセへ向かうべく、バスストップへ向かう

するとアジア人の姿が3人。。。

珍しいな、こんなとこにもいるのか

なんて思っていると、日本語を話している


思わず振り返ると、3人組もこちらを気にかけ、どちらからともなく日本人ですか。。。?

どうもコスタリカの首都近郊の町へ語学留学している18歳の未来ある若者らしい



こんなところまで留学とは恐れ入る


10代の頃から地球の裏側で自分を試している

きっと輝かしい未来が待っているに違いない

頑張れ、若者!




そしてコスタリカ発、ヒューストン行きの飛行機では日本人商社マンと隣に

話しかけると、出張中とのこと

地球の裏側まで進出するとは日本の企業もお見それしたものだ



日本人のパワーも捨てたもんじゃない










0 コメント :

コメントを投稿