シドニー経由 ゴールドコーストでサーフィン修行 贅沢ステイ

2016年6月6日月曜日

シドニー経由 ゴールドコーストでサーフィン修行 贅沢ステイ


【4/15 FRI】


昨夜遅くにシドニー入り

世界に名だたる国際都市だ
シドニーの夕景


スケートボードを持ってダウンタウンを散策

様々な人種が交錯する



街は意外なほど趣があり、中心部でさえイギリス調の古い建物が並んでいる

噂では汚い街と聞いていたが、大都市の中ではかなり綺麗だ


そもそもオーストラリアは全土にわたってキレイな街が多い

治安も良く、人も優しく、自然も美しく、物価も落ち着いているし、それでいて給料や休暇制度は手厚い

住むには最適の国である



オペラハウスを観光し、スーパーで食材を調達

自炊しながらゲストハウスの人達との会話を楽しんだ

オペラハウスにて




【4/16 SAT】


再び街を移動

フライトは午後

それまでゲストハウスの周りを散歩し、昼食を調理し、のんびり過ごす


オーストラリアの国内線は発達しており、飛行機が重要な移動手段となっている

低価格でしかも短時間で目的地にたどり着けるので、大変便利だ




日没前後に、今回の一番の目的地であるゴールドコーストへ到着する

一気に気温が暖かくなり、ヤシの木が生える常夏へ降り立つ


妻はかつてここに住み独り立ちした

その街を見てみたかった

そして同時にここは世界的に有名なサーフポイントが点在している

楽しみだ
トロピカル





【4/17-26 】


ここでの宿泊はAir bnbで見つけた民泊

9泊のロングステイだ

オーナーはLeeという気のいいオーストラリア人

家はコンパクトながら、とても清潔で居心地がいい


楽しい滞在になりそうだ



ゴールドコーストと一言でいっても、海岸は南北にゆうに40kmはある

今回の滞在はバーレイヘッズというポイントの目の前


綺麗なバーレイヘッズポイント




バーレイヘッズは世界に名だたるレギュラーブレイクとして有名

ゴールドコーストの中でも、ここの海岸は海に向かって山がせり出しており

オセアニア海から打ち寄せる強い波にアクセントをつける

加えて、その山が風を遮ることにより風の影響を受けにくい

その為、名ポイントが散らばるゴールドコーストの中でも安定した波が供給される

この整った規則的な波は、世界大会の開催にもってこいなのだ

夕方のバーレイヘッズ 波は規則的




その波まで歩いて2分の場所にステイ


起きてテラスを覗けば、家からでも波がチェックできる贅沢な場所に住んでいる


テラスから波チェックなんて贅沢だ




住み始めて2、3日は波に慣れるべくビーチでサーフィン

かなり流れが速く、波も速く、バックハンドオンリーに苦労する



ようやく慣れた頃にバーレイヘッズへと挑んだ

このポイントにエントリーには、ナショナルパークを抜け岩場をつたってダイブする

その間に波を食らえば、岩の上で波に巻かれ板も自分もボロボロになるので入水から緊張間が漂う


しかも沖に出れば世界各地からトレーニングに来ているムキムキのサーファーとのバトル

そして時より打ち寄せるオバケセットにも気を使う

緊張の連続なのである


苦手な波ということもあり、かなり手こずり、かなり揉まれたが、いい経験になった







自然も豊か





そんな中でもローカルキッズ達は、プロに混じってワイワイ騒ぎながらサーフィンを楽しんでいる

こうして日に日に上達し、サーフィン大国オーストラリアを支えるプレイヤーが誕生するのである

ゴールドコーストの街をバックに嫁テイクオフ





ある日、バーレイヘッズを離れ、ゴールドコーストのダウンタウンへ向かう

がらりと雰囲気が変わり、高層ビルが立ち並ぶリゾート地となる

バーレイヘッズからゴールドコーストの夜景




一通り観光し、妻の思い出を覗いた

妻も妻なりに苦労したようだ

海外生活は楽しい反面、慣れない土地、慣れない言葉、慣れない食事、慣れない風習など苦労は尽きない

苦労は人を成長させる

当時の苦労があって今の妻がいるのだろう



思い出もそこそこに、僕の友達と再会した

カナダ在住時の友達であり、その後オーストラリアに渡ってオージーの旦那と結婚したAIちゃんである

再会は久しぶりだったが、元気そうだったし旦那のダレンもとても良いやつで安心した
ダレン夫妻




家のオーナーであるLeeは、なぜか常に家でのんびりしている

そしていつも上半身裸だ

僕たちが自由に行動していても、特に嫌な顔もせずむしろこちらが気を使わないようにさえ施してくれる

そこでLeeにお礼がしたくなり、ある日日本料理を振る舞うことにした

Leeはかつて日本に来日経験があり、日本のことを多少知っている

僕たちが毎日キッチンで料理をしているのを見ては「今日ものんべぇか」と知っている数少ない日本語でからかってくる

そんなLeeにリクエストを聞きラーメンを作り、彼は喜んでくれた

ラーメンLee




9日もいると別れは寂しくなる

Leeと日本で再会することを約束し、お別れした


バーレイヘッズはのどかで自然が溢れ、人も穏やか

街の目の前で最上級の波が整い、自分の中でもお気に入りの場所となった


バーレイヘッズの夕景




ハッピーな嫁がノーテンキに書いているブログがこちら

違った目線と独特の感性でオモシロいです



にほんブログ村 世界一周 ランキング参戦中!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

にほんブログ村


にほんブログ村 スキースノボーブログへにほんブログ村


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへにほんブログ村


0 コメント :

コメントを投稿